FC2ブログ

記事一覧

【中小企業】グループウェア、クラウドかオンプレミスか。

昨日から、会社にグループウェアを導入すべく、上司を説得中です。候補を3つまで絞って、まず、グループウェアが何なのか、から説明です。ワークフローの機能で、承認印のために有給届を順に回す必要がなくなることに、かなり好印象を持った様子。スケジューラー機能も、現在のエクセルベースが使いにくいので前向き。ただし、案の定、コスト面では慎重です。かといって、無料のサービスにも二の足。本社だけの導入でもいいのでは...

続きを読む

【中小企業】会社にグループウェアの導入を検討中です。

遅ればせながら、会社にグループウェアの導入を検討中です。毎度のことですが、手際は目下、独走中(休み中、自宅で勝手に調べました)。現在、会社のスケジュール管理は、サーバで共有しているエクセルに各自で予定を入力して行っています。本社はフロアごと、計3つの表で運用しています。上司のスケジュールを確認し、手際が来客の約束をすることもあります。現在不便なことは、ざっと挙げても・外出先からスケジュールを見られ...

続きを読む

マウスを使わない。ショートカットキーをマスターして時短。

パソコン上級者は、マウスをあまり使いません。パソコンを使うのに、マウスで操作して、またキーボードに戻り、またマウス、と繰り返していたら、時間がかかります。そこで「いまさら」ですが、マウスを出来るだけ使わないことにしました。ショートカットキーをマスターして、時短・業務効率化を目指します。手際が参考にしているのはこれらの本です。  こちらも良さそうです。 それから、マウスパッドも。 さすがに、もう使っ...

続きを読む

Windows7からWindows10へ。社内プロジェクトチームを立ち上げ。

会社のパソコンのOSをWindows7からWindows10に切り替える業務に、ようやく取りかかることにしました。Windows7のサポート終了は2020年1月14日。マイクロソフトのサイトはこちらからどうぞ(マイクロソフトのサイトです。)手際の会社は、1階、2階、3階と本社フロア毎に部門が分かれているので、各階からメンバーを選抜し、個別に了承を得たところです。今月の定例会議で、メンバーになっていない管理職の意見も聴いて、正式に...

続きを読む

【中小企業・残業を減らす方法2】Excelマクロ・VBAに挑戦。

近頃、手際はExcelマクロ・VBAへの挑戦を決めました。決意したきっかけは以下の5つです。1.Excelの予定表に「今日の日付のセルの色を自動で青にする」という設定を自分でやってみて、毎日手作業で色を変える作業から解放され、その快適さを実感したこと。2.1を保存したら、Excelのアイコンに「マクロ」のマークが表示され、「マクロ」が身近に感じられたこと。3.Excelの作業で困っていた上司に、(簡単な)関数の間違いをアド...

続きを読む

【中小企業・残業を減らす方法】営業事務に「やよいの青色申告」導入。

経理業務で月次試算表の作成時間を減らす方法です。経理の上流工程にあたる営業事務に、会計ソフト「やよいの青色申告」を導入しました。弥生シリーズを選んだ理由は、経理で「弥生会計プロフェッショナル」を使っているからです。 もともと経理では、会計ソフトに「弥生会計プロフェッショナル」を使用して、部門別管理をしています。現預金は、経理で毎日残高を合わせています。手形、でんさい、給与、その他の経費なども経理で...

続きを読む

目標達成に向けてtodo管理アプリ「リズムケア」を導入【奇跡の手帳スマホ編】

 紙の手帳からスマホのカレンダーアプリとtodoアプリへ、4月から「奇跡の手帳」を変えることにしました。 使い始めたのは、「超じぶん管理「リズムケア」」、「Microsoft To-Do」、そしてお馴染み「Googleカレンダー」です。いずれも無料です。「リズムケア」は、スマホの下に小さくアンカー広告が表示されますが、さほど気になりません。 中でも「リズムケア」アプリは、間違いなく目標達成・todo管理の最強ツールです。名前...

続きを読む

2018年奇跡の手帳実践編。ガントチャートで『小さな習慣』。

 2018年奇跡の手帳実践編。今年は伊東屋のオリジナル手帳を使っている手際。ガントチャートで目標達成を管理するにあたり、『小さな習慣』を取り入れることにしました。(ガントチャート手帳って何?というあなた、是非こちらの伊東屋オンラインストアをご覧ください。ガントチャート手帳が注目の手帳として紹介されています。) ガントチャートで目標達成を管理しますが、ガントチャートに期限までの矢印は記入しません。○や△、...

続きを読む

続・中小企業の人材育成内製化。社内読書会で1冊読了です。

 社内読書会を毎朝30分開いていましたが、しばらく前に1冊読了しました。 この社内読書会、本は当日ファシリテーター(進行役)が音読するから、事前に本を読む必要なし(ファシリテーター自身も当日始めて音読)、まとめた文書の配布もなし。とにかく毎朝30分間、集まって本を読み、仕事に活かせることを話す、という読書会でした。事前の準備が全く必要ないので、気の向いたときにいつでも参加できる読書会です。 1冊読み切...

続きを読む

2018年奇跡の手帳術準備編。伊東屋手帳で目標達成サポート。

 そろそろ、来年の手帳を決められたでしょうか。手帳をスケジュール管理で使うにしろ、さらに目標達成のツールとして使うにせよ、まず、手帳を用意する必要があります。選ぶのは楽しいですが、たくさんあって本当に迷いますよね。 手際は、2018年の手帳を伊東屋オリジナル手帳・カラーチャートダイヤリー「週間24時間バーチカル・月間ブロック」に決めて、今週買いました。 伊東屋のオンラインストアで詳細が見られます。(参考...

続きを読む

仕事の優先順位。重要・緊急の基準だけで考えていませんか。

 仕事の優先順位を決めるにあたって、あなたは、重要度と緊急度の2つの基準だけを考慮して判断していませんか。そして、重要度と緊急度で決定した優先順位で仕事をしているのにもかかわらず、「緊急ではないが重要な仕事」にうまく対処できていないと感じていませんか。 それどころか、いつも緊急事態に対処するばかりで、「緊急ではないが重要な仕事」に全く時間を割けなくなっていませんか。 この問題は、重要度と緊急度に加...

続きを読む

2018年。ありふれた手帳があなたの人生に奇跡を起こす。

 そろそろ、2018年の手帳が店頭に並びはじめる季節になりました。2018年、ありふれた手帳を、あなたの人生に奇跡を起こす手帳に変えてみませんか。その方法は、ズバリ、手帳にあなたの目標を書くことです。日、週、年単位の、そして人生の目標を手帳に書くと、その手帳が、あなたの人生に奇跡をもたらします。 もちろん、手帳たるもの、自分の予定や家族の予定を書いてスケジュールを管理するために持つものでしょう。け...

続きを読む

ポジティブ・ファーストで、あなたの仕事の生産性が上がる。

 あなたの仕事が何であれ、ポジティブ・ファースト(まず、幸せを感じる)で生産性が上がります。幸せを感じている人の脳は、「幸せアドバンテージ」(幸せの有利さ)を発揮するからです。 人が幸せを感じているとき、脳からはドーパミンが出ています。このドーパミンには、知能・活力・創造性といった、脳のあらゆる学習機能のスイッチを入れる働きがあるのです。 前向きな脳は、否定的な脳やストレス下にある脳よりも、ずっと...

続きを読む

中小企業の人材育成内製化に。会社で読書会はどうでしょう。

 中小企業で人材育成を考えているあなたへ。低コストで人材育成をしたいのなら、会社内で読書会を立ち上げてみませんか。社内読書会なら、人材育成の内製化(外部の専門家に頼む業務を、自社内で行うこと)が簡単にできます。 読書会とは、何人かで集まって1冊の本を読み、感想や意見を発表し合う会です。会社で人材育成を目的に読書会を開くなら、やり方にちょっとした工夫が必要です。 参加者は毎日仕事で忙しいので、事前準...

続きを読む

デスクワークの生産性を高める方法。アラーム活用と時間割。

 デスクワーク(事務など)の生産性向上に、アラームの活用と時間割の設定がおすすめです。時間を制限することで、自分の仕事を厳選するようになるからです。付加価値(成果・効果・売上・利益)の低い仕事に時間をかけなくなります。メールのチェックと返信にかける時間を減らせるようになり、ネットで下調べする時間も減らせるようになります。社内資料なら、見栄えに凝ることもなくなり、長い前置きもためらいなく削れるように...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

手際良子

Author:手際良子
ご訪問ありがとうございます。
1968年生まれ。会社員です。総務部で総務や経理の仕事をしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

スポンサーリンク