記事一覧

疲れには7時間睡眠を。睡眠負債・睡眠不足解消へ行動開始。

 頑張り屋さんのあなた、毎日眠気を我慢していませんか。その上、いつも疲れ気味ではありませんか。その疲れの原因は、睡眠負債・睡眠不足かもしれません。
 疲れが取れないあなたには、毎日7時間の睡眠確保に挑戦するのをおすすめします。7時間眠るだけで、体が軽くなり、家事や仕事がはかどりますよ。

 
 それに、7時間睡眠をおすすめするのには、健康上の理由もあります。
 慢性的に睡眠不足だと、糖尿病や心筋梗塞・狭心症などの生活習慣病にかかりやすくなります。
 (参考:厚生労働省 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-008.html
 それどころか、睡眠不足の蓄積(=睡眠負債)は、がんや認知症のリスクを高めるともいわれています。
 (参考:NHK特集 http://www.nhk.or.jp/special/sleep/detail.html

 本当はもっと眠りたいけれど、毎日やることが多くて眠れないのは仕方がないとあきらめていませんか。
 手際自身もそうでした。木曜・金曜の夜には活動限界がやってきて、夕食後ソファーに座ったら最後、もう、そこから動けなくなったり、お風呂でも眠ってしまったり。
 それに、ただ眠るだけでここまで体の軽さが違うとは、実際に眠って、体の軽さを経験してみるまで想像できませんでした。
 
 もちろん、病気にかかるリスクを左右するのは、睡眠だけではありません。
 あなたにはまず、十分な睡眠で体が軽くなって何でもすぐに行動できる、そんな爽快な気分を是非味わって欲しいです。

アロマオイル
(ぐっすり眠るのに、アロマオイルもおすすめ。)

 それでは、7時間睡眠確保の4ステップです。

ステップ1 必ず7時間眠ると決意する。

 毎日7時間眠れたら、どんなに体が軽くて、仕事や家事がはかどるか想像してみてください。
 それから、7時間睡眠が健康にとって大事だということも理解しましょう。

 その上で、7時間睡眠の確保を優先順位の上位にします。必ず7時間眠ると決意するのです。

ステップ2 睡眠負債を返済する。

 今、疲れているのなら、睡眠不足が蓄積していることでしょう。まずは、睡眠負債を返済します。
 土曜・日曜が休みなら、思い切って土曜にたっぷりと眠ります
 なにしろ、優先順位の上位なのですから、家族の予定や友人との約束、片づける家事をやりくりして、なんとしても1日、好きなだけ眠れる日を確保します。
  土日でなくても、どこかで2日連休を確保して、1日目を存分に眠る日にあてます。

 7時間睡眠のペースを作るためには、あらかじめ、たっぷり眠って睡眠負債を返済しておきます。

ステップ3 日曜は昼寝をしない。

 土曜にたっぷり眠ったら、日曜に朝寝坊はしても、決して昼寝はしません。昼食後に眠気がきても、とにかく体を動かします。
 土日でない2連休でスタートさせる場合も同じです。連休2日目には昼寝はしません。

 ここでまた昼寝をしてしまうと、夜の睡眠に影響します。
 すると、間違いなく月曜は時差ボケ状態です。手際の経験上、1週間を時差ボケからスタートしてしまうと、その週に挽回するのは、なかなか難しいです。次の土日や2連休を待たなければならなくなります。

 夜、眠気がきたときに心置きなく眠れるように、日中は体を動かして、週末の家事を早めにすませておきます。

ステップ4 平日にテレビ・インターネットを制限する。 

 ステップ3まで無事完了したら、きっと月曜にいいスタートを切れたことでしょう。
 どうですか、体が軽く感じられませんか。

 月曜以降も7時間睡眠を確保するためには、これまでの時間割を多少見直す必要があります。
 (関連記事:「朝・夜ルーティンで時短家事。時短は家事の時間割作りから。」はこちらからどうぞ。見直し後の時間割を追記(記事の下の方に追加)しました。)
 今やあなたは、ステップ1で、7時間睡眠を優先順位の上位にしたのです。7時間睡眠と引き換えに優先順位が下がったことは何でしょうか。優先順位を下げたことを意識して、時間を減らします。

 手際は、平日夜のテレビ視聴とインターネットの接続時間を減らしました。
 いくら録画予約をしてCMを飛ばしても、平日にテレビを見たら睡眠時間を削るはめになります。
 インターネットも同じです。ブログの準備をするにしても、ネットでの調べ物は、調べるのが好きなだけに、ついつい時間をとられてしまいます。

 仕事をしているのなら、残業も減らしたいところです。もちろん、7時間睡眠で仕事の生産性が上がり、残業は減るはずですが、他にもいろいろ取り組みましょう。
 (関連記事:「残業を減らす1番の方法。それは、2S(整理・整頓)です。」は、こちらこちらからどうぞ。)
 (関連記事:「デスクワークの生産性を高める方法。アラーム活用と時間割。」は、こちらからどうぞ。)

 もちろん、毎週、理想通りに7時間睡眠が確保できるとは限りません。急な残業だったり、子供の看病だったり、繁忙期だったり、睡眠不足になる日もあるでしょう。
 それでもあきらめず、ステップ1にもどって睡眠負債の返済からまた再スタートを切れば大丈夫です。

 ステップ4までが習慣になってくれば、7時間睡眠で毎日体が軽く、すぐに何でも取りかかれるようになり、優先順位を下げて1度はあきらめた活動にもまた時間を取れるようになります。
 もう、ステップ1の睡眠負債返済で貴重な1日を取られることもなくなるのですから、安心してください。

 まずは、7時間睡眠の習慣化に向けて行動を開始しましょう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

片頭痛持ち。頭痛薬が効かなくなったら、飲むのをやめよう。

 あなたは、片頭痛持ちですか。「早めの頭痛薬」が効かなくなってきたり、以前よりも頻繁に片頭痛に襲われるようになったりしていませんか。「早めの頭痛薬」が効かない頭痛を減らす方法、それは、薬を飲むのを我慢することです。

 片頭痛持ちなら、「早めの頭痛薬」に効果があることを実感していることでしょう。片頭痛では、光るギザギザが見えたり頭痛を感じたりしたら、すぐに薬を飲むのが効果的です。飲むのが遅れると、もう、いくら薬を飲んでも頭痛は消えません。
 ですから、あなたが早めに頭痛薬を飲むことは、正しい頭痛の対処方法です。

(参考)http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2016/11/1121.html

 ところが、頭痛薬の飲みすぎは頭痛の原因にもなるのです。このタイプの頭痛には、医師の診察のもとで別の薬に処方を変える治療法があります。
 けれども経験上、手際は、荒療治を承知で「頭痛薬断ち」をおすすめします。


頭痛薬
 (「頭痛薬断ち」の荒療治がおすすめ。)

 では、薬断ちで頭痛を減らす4ステップです。

ステップ1 薬の使いすぎが頭痛の原因になることを知る。

 頭痛対策に効果的な「早めの頭痛薬」。早めに頭痛薬を飲もうとすると、ついつい薬を飲む回数を増やしがちです。そして、薬を飲む回数が増えるにつれ、以前よりも頭痛が頻繁におきるようになり、しかも頭痛薬が効かなくなってきてしまうことがあります。頭痛薬が、かえって頭痛を引き起こすのです。

 頭痛薬が原因で頭痛になるとは一体どういうことなのでしょうか。その理由は、薬の飲みすぎで脳の中枢神経の痛みの感じ方が変化するからです。痛みに敏感になり、少しの刺激でも頭痛を起こしやすくなるのです。
(参考)http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2017/08/0816.html

 頭痛薬の使いすぎが頭痛を引き起こすことを理解したら、ステップ1は完了です。
 
ステップ2 市販薬の副作用について知る。

 頭痛薬に限りませんが、市販薬にも副作用があります。手際が「頭痛薬断ち」を決意した副作用は、スティーブンス・ジョンソン症候群です。

 何年も前のことです。たまたまテレビで、スティーブンス・ジョンソン症候群を20歳で発症した、当時26歳の女性のインタビューを見ました。女性は、市販の鎮痛解熱剤を、きちんと用法容量を守って飲んだにもかかわらず発症してしまったのです。身近な薬に、重い副作用の危険があることを知ってとても驚きましたし、自分に副作用が現れてもなんら不思議はないと感じました。そして、少しでも多くの人に副作用のリスクを知ってほしいと考えて、失明の危機に直面しながらも堂々とインタビューを受けている女性の姿が重く心に響きました。
(参考)http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3275/1.html
 
 もちろん、どんな薬にも副作用の危険があります。頭痛薬断ちをしている手際ですが、たとえ副作用の可能性があっても、病気の治療に必要な薬を飲むことにためらいはありません。
 ただ、手際にとって頭痛は、ズキズキと痛み、動く度に痛み、吐き気もありつらいとはいえ、スティーブンス・ジョンソン症候群のリスクと秤にかけたら、頭痛薬を我慢してもいいと思える程度のものでした。副作用が出る確率はかなり低いのですが、実際に発症してしまった女性のインタビューには、それだけの説得力があったのです。
 
 市販薬の副作用を知ったら、ステップ2は完了です。

ステップ3 薬以外の対処法を試す。

 まず、予防法をいろいろ試します。肩や首の凝りをほぐすストレッチをします。運動全般も効果があります。仕事のやり方を変えて、休みの週末に頭痛が起きないようにします。アロマテラピーも試してみてください。

 もし、片頭痛になってしまったら、痛むところを冷やしてください。可能なら横になって安静にしてください。少し眠れれば、なおいいです。お風呂で長湯は避けます。

ステップ4 片頭痛がきたら、(最大)72時間我慢する。

 それでもまだ、つらい頭痛の発作がくることがあります。片頭痛の発作は、薬だけが原因ではないからです。女性ホルモンの変化、気圧など原因は人それぞれで、自分ではコントロールできません。

 ただし、片頭痛は最大で72時間たてば、症状が消えていきます。片頭痛持ちのあなたなら、経験して知っていることでしょう。72時間ですから、3日間です。3日間をなんとか我慢してやり過ごしましょう。ステップ3の、薬以外の対処法でしのいでください。

 そもそも副作用を恐れて薬を断つことにした手際ですが、薬を飲まなくなると、次第に頭痛そのものが減っていきました。なんと今では、あの光るギザギザが見えても、頭痛にならないほどです。かなりの鈍感ぶりです。
 薬が頭痛の原因になることを知ったのは、薬を断って頭痛が減ってからです。自分では気づいていませんでしたが、どうやら「早めの頭痛薬」を心がけているつもりが、実は薬の飲みすぎだったのです。

 現に今も頭痛に悩まされているあなたには、薬を飲まないで我慢するなど、おそらく想像もできないことでしょう。「頭痛薬断ち」は、荒療治以外の何ものでもありません。けれども、もし薬の飲み過ぎに思い当たりがあるのなら、試してみてください。あなたのつらい頭痛が、きっと減らせます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

ダイエットの簡単な方法。体重計に乗るだけだから毎日続く。

 簡単なダイエットの方法、それは、体重計に毎日乗ることです。食べたものを全部記録する必要はありません。1日に何度も体重計に乗ったり、グラフを書いたりする必要もありません。
 大事なことはただ1つ、怖がらずに、毎日1回体重計に乗ることだけです。


 体重計に毎日乗っていると、だんだんと体重が減ってきます。なぜなら、体を動かしたり、食べたり飲んだりするのに、ちょっとしたことを心がけるようになるからです。前向きで小さな行動の変化の積み重ねが、あなたのダイエットをきっと成功に導いてくれます。

 若い頃には体重を気にしなかった手際ですが、40歳台になってから、じわじわと体重を増やしてしまいました。気が付けば、出産直前より体重が重くなっていたのです。薄々気づいてはいましたが、会社の健診で事実を目の当たりにしました。
 ここで、どうして「薄々気づく」だけだったのか、正直に言います。体重が増えてきたら、体重計に乗る気にもなれなかったのです。体重増加の事実から、自分の目を逸(そ)らしたかったのです。
 そんな手際でも、毎日体重計に乗り、少しずつ体を動かしていたら、体重がゆっくりと減ってきました。今では体重が安定しています。

体重計
 (体重計はデジタルでもアナログでも。)

 では、体重計に乗るだけ簡単ダイエットの4ステップです。

ステップ1.体重計を用意する。

 今、家に体重計があるのなら、それを使います。ないのなら、買います。体重計なら、アナログでもデジタルでもかまいません。

 手際は、タニタのアナログの針が回るタイプを使っています。品質に安心感があるので有名なメーカーの体重計にしましたが、ネットで1,000円台で買えました。アナログなので電池切れがないところ、裸眼で0.1の視力なので目盛板が大きいところ、目盛がおおざっぱで1kg単位なところが気に入っています。黒いデザインも気に入りました。
 


ステップ2.1日1回、(だいたい)同じ時間に、同じ体重計に乗る。

 体重の変動を知りたいので、1日1回、だいたい同じ時間に、同じ体重計に乗ります。

 「だいたい同じ時間に」とは、朝起きてすぐだったり、朝の着替えの時だったり、帰宅直後だったり、お風呂上りだったり、体重を量るタイミングを同じにするということです。時間は毎日多少違っても、あなたの続けやすいタイミングならどのタイミングでもいいです。

 脱衣所に体重計を置いている手際は、毎晩風呂上りに体重計に乗っています。アナログの体重計なので、体重計に乗る前に針がゼロにあるか確かめています。ずれていたら、ゼロにくるように調整します。

ステップ3.その日の行動を思い浮かべる。

 体重が増えていたら、その日の行動を思い浮かべます。休日で、たくさん昼寝してしまったな、とか、食べすぎちゃったかな、とか。
 そして、明日はチョコレートを少し減らそう、庭の草取りで少し体を動かそう、など考えてみます。翌日、それが出来るかはわかりません。雨が降って草取りできないかもしれません。今はまだ、すぐに動けなくてもいいのです。体重計に乗ったら考える、を続けます。

ステップ4.体重を記録する。

 ステップ2とステップ3を毎日続けるために、手帳やカレンダーに体重をメモします。アナログタイプの体重計だと、1キロ単位の目盛なので、記録も大まかです。50キロを少し超えたら「50+」、少し下回ったら「50-」とか、その程度です。

 記録をすると、体重計に毎日乗っていることが実感できます。続ける励みになるので、メモすることはおすすめですが、もし書き忘れても気にしないでください。気が付いたときに、メモを再スタートしてください。

 記録することよりも、体重計に乗ることと、その日の行動を思い浮かべることが大事です。

 とにかくまず、30日間体重計に乗ってみてください。体重計に乗るのが怖くなくなってきて、続けられるようになります。もし、体重計に乗るのを忘れてしまっても、気にせずまた体重計に乗ってください。

 「体重計に乗って考える」を繰り返すうちに、だんだんと、食べすぎのパターンに気づいたり、体を動かしたくなってきます。そうしたら、食べ方を変えたり、ストレッチをしたり、自転車通勤に変えたりしてみてください。ただし、何かに挑戦し始めるときは、1度に1つだけにします。ストレッチと自転車通勤を同時に始めない方が長続きします。

 体重計が、あなたのダイエットをきっと成功に導いてくれます。安心して体重計に乗ってください。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

通勤を自転車にして、あなたの健康寿命を無理なくのばそう。

 バス・電車・自動車での通勤を自転車や徒歩にすれば、(週休2日なら)週5日、無理なく体を動かすことができ、健康寿命をのばせます。なにしろ通勤は毎日のことですから、習慣にしやすいのがメリットです。
 たとえ(本格的な)運動とはいえないような、家事、仕事、通勤、通学でも、毎日体を動かすと健康寿命をのばせます。糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、ロコモティブシンドローム、うつ、認知症になるリスクを下げることができるのです。
(参考)http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xple-att/2r9852000002xpqt.pdf

 もともと、バスを乗り継いで通勤していた手際ですが、3年ほど前に自転車通勤に変えてから徐々に体重が減りました。3、4kgのダイエットです。電動自転車で片道20分弱ですが、ダイエット効果に十分満足しています。そして現在は、体重の増減が落ち着いている状態です。健康寿命がのびたのかはわかりにくいですが、体重が減るのは体重計で目に見えてわかるので、自転車通勤の効果を実感しています。

 もちろん、徒歩でも効果があるでしょう。ただ正直なところ、自転車の方がバスを乗り継ぐよりも通勤時間を短縮できたことが、手際が自転車通勤を続けられた大きな理由です。徒歩だと通勤時間がバスよりも長くなってしまうので、おそらく手際には続けられなかっただろうと思います。もちろん、緑豊かな遊歩道を爽快に走れることも自転車通勤が続いている理由です。

 会社までずっとでなくても、駅まで歩く・自転車にするなど、あなたの無理のない範囲で、今よりも体を動かす時間を増やしてみてください。大事なことは、ゆっくりと少しずつ始め、続けることです。くれぐれも、無理はしないでくださいね。
  
 自転車
 (自転車通勤がおすすめです。)

 では、自転車通勤の簡単4ステップです。

ステップ1.自転車通勤が可能かどうか、会社で確かめる。

 自転車通勤をしようと決意したら、まず、自転車通勤が可能かどうか、会社で確かめてください。おそらく、就業規則に書いてあると思います。もし就業規則に書いてなくても、会社の了解を事前にもらってください。万が一、自転車通勤中に転倒などでケガをして病院の治療を受ける場合は、健康保険ではなく通勤労災の対象です(ただし、会社帰りの買い物など、通勤ルートから外れた場所でのケガは、健康保険治療の対象です。)。ですから事前に話をしておいた方が、いざ病院にかかるときに手続きがスムーズです。

 それから、通勤手当(定期代)の扱いも、会社により違うものです。事前に話をききましょう。

ステップ2.自転車を用意する。

 今、自転車を持っているなら、まずそれに乗ってみましょう。乗ってみれば、自転車通勤がきつすぎるかどうかわかります。丘陵地帯でアッダウンが激しい地域なら、電動自転車もおすすめです。アシストレベルを軽めにすれば、電動自転車でもそれなりに運動効果がありますからご安心を。論より証拠、手際は電動自転車に乗っていますが、体重が減りました。もちろん、だんだんと体力がついてくれば、少々きつくても大丈夫かもしれません。けれども、体力がつくより前に挫折してしまう可能性もあります。無理・過信は禁物です。
 冬場は日暮れも早いですから、暗くなると自動でライトがつくタイプの自転車は安心です。後ろは反射タイプでもいいですが、赤くライトが点滅すればさらに安心です。
 
ステップ3.個人賠償責任保険を確かめる。

 自転車で通勤中、いくら交通安全を心がけていたとしても、他人を事故に巻き込んでしまう可能性があります。念のため、個人賠償責任保険に加入しておきましょう。自転車専用の保険もあるようですが、自宅の火災保険や自動車保険に特約が付いていることが多いです。保険料は、年間でせいぜい数百円のはずです。確かめましょう。
 
ステップ4.自転車で出発。

 いよいよ自転車で通勤です。ルートもいろいろ試します。景色の良さ、交通量の多さ、多少遠回りでも、できるだけ安全なルートがいいですよね。
 
 パンクは、自転車通勤で一番予想されるアクシデントです。パンク対策に、普段からタイヤの空気の状態をチェックします。ただ、日ごろどんなに気を付けていても、パンクするときはパンクしてしまいます。自分で直せればいいですが、通勤ルート付近にある自転車屋さんの場所を事前に確認しておくのが現実的な対策です。
 
 自転車の前かごにバッグを入れるなら、防犯ネットも忘れずに。ひったくり防止はもちろん、自転車のバウンドで、かごから荷物が落下するのも防げます。
 
 雨の日も自転車通勤するのなら、雨具も必要です。手際は会社のロッカーにも雨具を常備しています。急な雨に備えて、バッグに45Lのごみ袋を入れています。雨具のフードの下に帽子もあった方が、前が見やすいです。ただ、雷や豪雨、強風にあおられる台風では、決して無理をしないでください。
 
 夏は汗が大敵です。会社に着いても、しばらく汗が引きません。
 冬は、手袋と耳あて、マフラー、風をブロックする上着が欲しいです。
 それから、雨はまだしも、冬の路面凍結時は自転車に乗れません。通勤時ではありませんが、以前手際は、雪が降った翌日の凍結時に自転車に乗るのを強行して転倒し、頭を6針縫ったことがあります。幸い大事には至りませんでしたが、やはり凍結時は自転車に乗れないのだと反省しました。
 事故にはくれぐれも、お気を付けください。

 自転車通勤でパンクも転倒も経験している手際ですが、風を切って走る爽快感がたまらず、やめられません。その上、健康寿命も無理なくのばせそうです。あなたにも、断然おすすめです。
 ただし、体調の悪いときに無理は禁物です。病気や痛みがある場合には、病院で相談してください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

自分で出来る、簡単な健康管理法。ストレッチから始めよう。

 自分で出来る、簡単な健康管理法。まずは、ストレッチからスタートしてはどうでしょう。ストレッチは室内でできるので、天気や季節を問わず毎日続けられておすすめです。 

 どんな運動でも、それどころか(運動ではない)家事、仕事、通勤、通学でも、毎日体を動かすことは、健康に大きな効果があります。糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、ロコモティブシンドローム、うつ、認知症になるリスクを下げることができるのです。
 糖尿病や循環器系(心臓病・脳卒中)は効果がイメージしやすいですよね。確かに、体を動かせば血行が良くなりますし、糖の代謝も良くなりそうです。けれども効果はそれだけにとどまらず、がん、ロコモ、うつ、認知症のリスクまでも下げるとは驚きです。ほら、あなたも体を動かしたくなってきませんか。
(参考)http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xple-att/2r9852000002xpqt.pdf

 そして何より、体を動かすと気分が良くなります。たとえちょっとしたストレッチでも、頑張ったことで心も満たされるのです。すると、家事も仕事もはかどりますし、衝動買いもしなくなります。
 大事なことは、ゆっくりと少しずつ始め、続けることです。くれぐれも、いきなり厳しい運動をしないでくださいね。


ストレッチ
(腰痛ストレッチから始めました。)

 では、自分で出来る健康管理、簡単4ステップです。

ステップ1.まず、1つだけストレッチを選ぶ。

 あなたは日頃、どこか体調で気になることがありますか。もしあるのなら、それが良くなりそうなストレッチを1つだけ選びます。あれもこれもメニューに加えず、まず1つです。

 ちなみに手際は、腰痛持ちだったので、腰痛予防のストレッチから始めました。うつ伏せになった状態で、上体を起こす体操です。

 (1)お腹の下に座布団を敷き、床にうつ伏せになります。
 (2)うつ伏せの状態から、胸の横あたりに両手をついて、ゆっくりと上体を起こしていきます。少し背中を反らせます。
 (3)上体を反らせながら、心で「腰痛なんて怖くない」ととなえます。
 (4)(2)と(3)を何回か繰り返します。

 腰痛への「恐怖」や「不安」が、腰の痛みを悪化させるそうです。そこで、「腰痛なんて怖くない」と、となえることにしました。立ったまま背を反らせる体操が紹介されていますが、うつ伏せの方がふらつかないのでうつ伏せで背を反らせています。くれぐれも無理はしないでください。
(参考)http://www.nhk.or.jp/kenko/nspyotsu/a02.html

ステップ2.いつストレッチをするか、スケジュールに組み込む。

 ステップ1で選んだストレッチをいつやるのか決めます。スケジュールは様子を見て、続きそうな時間帯に変えてください。

 手際は、はじめ、就寝前の風呂上りにストレッチをしていました。体が温まっていた方が、効果がありそうに思えたからです。でも、湯船ででうたた寝しているような手際には、風呂上りでは眠くて続きませんでした。朝、起床後にスケジュールを変えてみたら続いています。

ステップ3.選んだ1つのストレッチを1ヵ月続ける。

 ステップ1で選んだストレッチだけを1ヵ月続けます。記録をつけるのも大切です。手帳やカレンダーに、ストレッチしたら○印をつけます。「継続は力なり」です。歯みがきと同じように、やらないと落ち着かない気分になってきたらしめたもの。1ヵ月続けば、その先もきっと続きます。
 1日や2日、ストレッチが予定通りできなくても、あきらめないで再挑戦してください。時間帯を変えてみましょう。家族、友達、同僚に、ストレッチに挑戦中なのを話すのもいいですよ。

ステップ4.運動メニューを少しずつ変える。

 たった1つのストレッチでも、続くと楽しくなってきます。気分爽快です。腰痛ストレッチなら、腰痛が軽くなってくるのが実感できてくるはずです。そうなってきたら、運動メニューを少しずつ変えます。ストレッチのメニューを増やすも良し、筋トレを加えるも良し。
 とにかく無理は禁物です。少し物足りないくらいで、ちょうどいいのです。その方が続きます。

 毎日体を動かすことが大事です。小さく始めて、長く続けてください。だんだんと出来ることが増えて、それにつれ体調がますます良くなってきます。すると、気持ちにも余裕ができてきます。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

プロフィール

手際良子

Author:手際良子
ご訪問ありがとうございます。
1968年生まれ。会社員です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

スポンサーリンク