FC2ブログ

記事一覧

【ドライアイ対策】歯磨きをするように、目もとを洗う習慣を。

目もとを洗う習慣がドライアイ対策になることを、今年3月に放送されたTV「カンブリア宮殿」で初めて知りました。
慶応大学医学部の坪田一男教授が出演された回です。(番組内容はこちらからどうぞ。カンブリア宮殿のサイトです。)

坪田先生は、ご自身の目を洗いながら、

「虫歯にならないために、毎日歯磨きをするでしょ。同じように、ドライアイや目もとの炎症にならないために、毎日目を洗わなくちゃ。目にしみない、目につかえるシャンプーが日本でも買えるんですよ。」

とおっしゃっていました。

ドライアイ対策に目をシャンプーで洗うという方法があることを、その時はじめて知りました。
衝撃を受けました。

長年ドライアイの症状に見舞われてきた手際です。

目が乾きます。
目がひりひりして、涙がしみることもあります。
コンタクトレンズはゴロゴロするし、そのうち目に貼り付くしで、コンサートなど特別な時にしか使えません。
コンタクトレンズをしていなくても、目がゴロゴロする日もあります。
会社で夕方には、目がしょぼしょぼして、パソコンの画面がかすんで見えます。
目が疲れます。

それなのに、目薬をうまく使えません。
うまく目薬がさせませんし、しみるのも苦手です。

眼科に行ったとしても、目薬が点眼できないのでは、あまり改善しそうもありません。
しかも、ドライアイは深刻な目の病気とは思えません。
不便で、不快で、少々つらくはありますが、我慢できなくはないのです。

そんなこんなで、ドライアイを改善することはあきらめていました。

そこに、先ほどの坪田先生の発言です。

目薬以外に、ドライアイ対策の手立てがあったとは。

さっそくAmazonで検索。
こちらのアイシャンプーを見つけました。

 

白ボトルと青ボトルの2種類でています。青ボトルのロングは、まつげの美容にもいいのだそうです。
まつげが伸びて長くなるとか。

ドライアイ対策が目的なので、手際は白いボトルの方に決めました。

すぐに、欲しいものリストに登録。

3月にリスト登録後、迷いにまよって、ようやく5月初めに買いました。
4月に「ものもらい」が出来て踏ん切りがつきました。

タオルの上のバスグッズ

それでは、目もとを洗う習慣、4ステップです。

ステップ1 アイケアシャンプーを買う。

ステップ2 メイク落としをする。

メイクをしているなら、まず、通常のメイク落としでメイクを落とします。

ステップ3 洗う。

アイシャンプーを5~6プッシュ手に取ります。
アイシャンプーを目元にやさしく伸ばし、まつ毛の根元の汚れを落とすように軽くマッサージします。

ステップ4 流す。

水やぬるま湯でアイシャンプーを洗い流します。
洗顔は、アイシャンプーの前でも後でもいいそうです。

使いはじめたところですが、とにかく、洗うと目がすっきりします。
ドライアイのもろもろの症状も改善されている気がします。
夕方の目の疲れ方も違います
このところ、湿度があがってきているおかげかもしれませんが。

今回は、試しに1本だけ買いました。
次回はお値打ちな2本セットを買うつもりです。

【参考】
・アイシャンプーのメーカーサイトはこちらからどうぞ。
・日本眼科学会のサイトはこちらからどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

手際良子

Author:手際良子
ご訪問ありがとうございます。
1968年生まれ。会社員です。総務部で総務や経理の仕事をしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

スポンサーリンク