FC2ブログ

記事一覧

顎(がく)関節症のセルフケア。マウスピースが効いてきました。

顎(がく)関節症に見舞われました。

バナナにかぶりつけない。
食事中、アゴに痛みが走る、音がする。
あくびも痛む。
奥歯の歯磨きでアゴが痛む。
糸ようじも痛くて使えない。

実は以前、歯医者でマウスピースを作ってもらったことがあります。
奥歯の痛みが、虫歯ではなく、噛み合わせからくるものということで、その治療のために作りました。
つまり、アゴが痛くない状態で作りました
いざ顎関節症になると、マウスピースの型を取るために大きく口を開ける、もう、それだけでしり込み

そこで、歯医者に行く前に、まずはセルフケアを試そうとアマゾンで検索しました。
マウスピースはいくつもありましたが、よくわからないので、ベストセラー表示とレビューの多さで選びました。

 

歯医者で型を取るマウスピースと違った、ごく簡単な作り。
効き目があるかは、正直、半信半疑でした。

マウスピースをつけて寝るようになって、そろそろ50日。
おかげさまで気が付けば、いつの間にか治っていました。


あごに手を当てる女の子

それでは、顎関節症のセルフケア、4ステップです。

ステップ1 マウスピースを買う。

ネットでも、ドラッグストアでも売っています。

手際は、型を取らないタイプのマウスピースを使いました。
型を取る、取らないは、お好みで。

ステップ2 マウスピースをつけて寝る。

はじめは短時間から、と説明書にありました。

以前、マウスピースを装着したことがあったので、慣らすのを省略して、いきなり着けて眠りました。
朝起きると、マウスピースは外れていました。
無意識に、外していたようです。

2日目からは、朝までマウスピースを装着したまま眠れました。

慣れないうちは、起きていいる時間につけて練習するといいかもしれません。

ステップ3 マウスピースを洗浄する。

ポリデントのマウスピース用を毎日使っています。
小さい器で浸けているので、1錠を砕いて使っています。

 

ぬるま湯で錠剤を溶かしながら洗浄します。
うっかり、やかんから熱湯を注いでしまい、マウスピースが1つ、変形して使えなくなってしまいました。
お湯の温度には、お気を付けください。

ステップ4 ステップ2とステップ3を繰り返す。

使いはじめ、しばらくの間は、朝、マウスピースを外した直後、噛み合わせに違和感を感じました。
今は、違和感はありません。

「気づいたら、治っていた」とあるように、何日で完治とはいえません。
経験からは、2カ月くらい様子をみて、それでも痛みが引かないなら、口腔外科の受診をお勧めします。

以前、型を取って作ったマウスピースはピッタリとフィットしていましたが、窮屈で続きませんでした。
今使っているごく簡単な作りのマウスピースは、朝起きると、片方の奥歯から外れています
それでもアゴの痛みは消えたので、噛みしめはやわらぐようです。

窮屈さがないので、マウスピースが壊れる(ちぎれる?)までは、これからも毎晩、予防のために着けて眠るつもりです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

手際良子

Author:手際良子
ご訪問ありがとうございます。
1968年生まれ。会社員です。総務部で総務や経理の仕事をしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

スポンサーリンク