FC2ブログ

記事一覧

簡単家計簿は安心家計ガイド3。手書き簡単家計簿の作り方。

 家計簿はあなたの安心家計ガイドブックです。手書き派のあなたに、手際式簡単家計簿の作り方をご紹介します。
 手書きの家計簿には、手書きならではの良さがあります。ちょっとしたメモを書き足せますし、残高が少々あわなくても気になりません。鉛筆で書いたり消したりできますから、予算の修正も簡単です。
 年のはじめに限らず、思い立ったらいつでも始められ、たとえ途中で挫折しても、またすぐに再開できる気軽さもあります。
 家庭は会社と違って、誰かにグラフで分析結果をプレゼンする必要もありません。
 それに手際式なら、市販の家計簿よりも、もっと簡単な家計簿が作れます。簡単なのに、お金のやりくり(資金繰り)が一目でつかめます。

 それでは、手際式手書き簡単家計簿の作り方、4ステップです。

ステップ1 ノートと鉛筆を用意する。
 
 まず、ノートと鉛筆、消しゴムを用意します。
 ノートは、罫線が引いてあるノートなら何でもいいですが、横線だけだと縦線を引く定規とボールペンも必要です。
 手際は、定規で線を引くのを省略したくて統計ノートを使うことにしました。方眼ノートも縦線があって良さそうです。試したことはありませんが、ジャポニカ学習帳の算数も意外といいかもしれません。



ステップ2 預金残高・備忘録のページを作る。

 はじめに、預金残高と備忘録のページを作ります。市販の家計簿だと終わりの方にありますが、手際式は最初のページに作ります。
 たとえ毎月のページや年間収支集計表を書くのに挫折しても、このページに通帳を見て残高を記入し、合計するだけでも立派な「安心家計ガイドブック」です。 
預金残高のページ
 iDeCo(イデコ 個人型確定拠出年金)をしているなら、その評価額も書いておきます。元本確保型で運用していないのなら、評価額が変動するからです。年に2回くらいは、評価額を確認します。
 掛け捨てでない貯蓄性のある保険や、株式、投資信託、債券も、持っているのならここに書き加えます。
 住宅ローンがあるなら、その残高も書きます。
 年収は、源泉徴収票を見て書きます。
 備忘録は、何か大きな出費があったら書きます。

 一般的には年末や月末で残高を記入しますし、それでもいいのですが、手際は給料日(25日)の前日(24日)で残高を記入しています。2018年1月の家計簿は、2017年12月25日にスタートさせるからです。ただし、上の表では、一般的な年末・月末の区切りにしています。
 まあ、スタートの日にちはお好みで。

ステップ3 年間収支集計表のページを作る。

 次に作るのは、年間収支集計表のページです。こちらも市販の家計簿だと終わりの方にありますが、手際式は2番目のページに見開きで作ります。
年間収支集計表
 上の例で、青いマス目の部分は、毎月のページからではなく、年間収支集計表に直接書き込みます。簡単にしたいので、なるべく、同じ金額を別のページに書いたりしないで済ませます。
 毎月のページに細かく書くのは、白いマス目の部分だけです。この部分は、毎月のページから金額を書き込みます。

 赤い部分とオレンジの部分は、市販の家計簿の年間集計表と大きく違う項目(費目)です。
 特に、赤い部分の項目を作ることで、単なる年間収支の集計だけでなく、資金繰り表(お金のやりくり表)の機能を持たせています。
 
 1月の「前月より繰越」の欄は「D」ですが、年の初めなので0円です。2月の「前月より繰越」の欄は1月の「翌月より繰越」と同じ金額が入ります。残業代や賞与で収入は月により変わりますし、隔月払い、ボーナス払い、年払いの支出もあります。1ヵ月ごとの赤字(収支がマイナス)・黒字(収支がプラス)を繰越していきます。年間で黒字を達成しましょう。 
 オレンジの部分には、ボーナス払い・年払いの支出は除いて、おおまかに毎月の予算を書いておきます。Aは同じ金額が入るようにします。予算上で収支が合っていることを確認します。基本的には、毎月の給料で毎月の支出をまかなえるように予算を組みます。
 2017年の集計が出ているなら、それを参考にします。集計がなくても安心してください。とりあえず予算を立ててみて、だんだんと見直します。
 なにしろ鉛筆書きですから、いくらでも書き直せます。

 項目(費目)は、自分にとって記入しやすい分け方にします。
 収入は、手取り額(振込される額)を記入します。所得税・住民税、社会保険料などは給与明細や、源泉徴収票、住民税決定通知書を見るだけです。収入の項目を1行だけにするのも簡単でいいかもしれません。
 食費と日用品費は一緒にしていますし、子供費・親費には、小遣い以外に服代なども含みます。
 保険は損害保険と生命保険、住居費は住宅ローンや家賃、教養・娯楽はCATVやNHK受信料、新聞代などです。
 特別費は、旅行や帰省費用、家電、家具など、賞与を充てるような大きな支出です。中元・歳暮・年賀も賞与を充てていますので、項目(費目)を交際費とは別にしています。
 子供授業料を別項目にしているのは、教育費の口座からの引き落としだからです。このあたりも、人それぞれでしょう。

ステップ4 1月のページを作る。 

 最後に毎月のページを作ります。まず、1月のページだけ作ります。いつ挫折しても、すぐに再開できますし、ノートを無駄なく使えます。
1月のページ
 白いマス目は、現金の収入と残高を記入します。日付はマス目の左に小さく記入します。
 まず、12月31日に財布の中のお金を数えて「現金収入」の欄に記入します。手際の場合、12月24日に数えて記入します。もし、前月末に数え忘れても気にしません。今月になってから現金残高を数えれば良しとします。
 預金口座から現金を引き出したりして財布にお金が入ったら、現金収入の欄に記入します。

 緑の欄が「食費・日用品費」で、まず左側のマス目に日付と金額を書きます。それから右側のマス目に累計を書いていきます。こまめに累計を確認するほど支出は抑えられます。(体重計に乗るだけダイエットと同じです。)
 現金で買い物をしても、クレジットカードで買い物をしても、買い物をした日付で家計簿に書き込みます。ネット通販で買っても、買った日付で書き込みます。基本的には金額だけで何を買ったかまでは書きませんが、メモしたいものは、何を買ったのかも余白に書きます。
 
 子供費、親費も同様に、右と左のマス目に日付・支払った金額・累計を書きます。ただし、医療費・交際費・雑費はあまり多くないので3つをまとめて累計を出します。中元・歳暮・年賀・特別費は毎月ではないので、累計欄は作りません。特別費は、何に使ったのかメモをノートの余白に書いておきます。

 それぞれの金額欄には、支払いを現金でしたか、クレジットカードでしたかが分かるような印をつけておきます。手際は、クレジットカードで支払ったらW(ウォルマートカード)、V(ビザカード)、セ(セゾンカード)と書き込んでいます。
 現金で支払ったら現金残高を出し、財布の中の現金と金額が合っているか確かめます。思い出せなかったら、雑費で合わせます。
 クレジットカードは、後日明細の確認がしやすいように、レシートごとの合計額を日付とともに茶色のマス目に書いておきます。明細がきたらチェックします。

 月末に、ステップ3の年間収支集計表の白いマス目に1ヵ月の累計を記入します。医療費・交際費・雑費、中元・歳暮・年賀・特別費は、項目(費目)の合計額を出して、年間収支集計表に記入します。

 文章で書くと長々としていて、面倒に感じるかもしれません。けれども、基本的にはレシートの合計額を書いていくだけです。手際は買い物が週末にまとめ買いなので、大抵は週に1度書くだけです。

 こんなに簡単でも、家計簿は、あなただけの「安心家計のガイドブック」です。自分が1ヵ月を、そして1年間を、いくらで生活しているかが分かれば、それだけで安心家計への1歩を踏み出せます。
 なぜなら、新聞や本、雑誌、テレビを見たり、友達、同僚に聞いたりしても、あなたに必要な生活費がいくらなのかは答えてもらえません。けれども、あなたの簡単家計簿なら、あなたにその答えを教えてくれるからです。
 1人暮らし、結婚、出産、住宅購入、子供の進学、転職、退職、就職など、生活環境が変わる節目で、しばらく家計簿をつけるのもおすすめです。だんだんと、家計の状況がつかめてきて安心できます。
 もし、支出が収入に比べて多いのなら、特別費から見直します。

 あまり身構えないで、まずは、ステップ1と2から始めてみてください。ステップ3、ステップ4は、途中で書くのが続かなくなっても気にしないことです。気が向いたら、また気軽に再開しましょう。 

【家計簿関連記事】
・「今度は続く!簡単家計簿はあなたの安心家計ガイドブック」は、こちらからどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

手際良子

Author:手際良子
ご訪問ありがとうございます。
1968年生まれ。会社員です。総務部で総務や経理の仕事をしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

スポンサーリンク